読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜行月報

“夜更かし”から“新しい”をみつけるためのブログ

スポンサーリンク

【魔界の調理器具】キャベツスライサーで「とんかつ屋の千切りキャベツ」を手に入れろ!

そのキャベツは雪になる

皆さんこんにちは、シロネコ書房(@shironeko_shobo)です

 

とんかつ屋さんで食べる千切りキャベツ、おいしいですよね。

ふわふわしたキャベツがこんもりと盛られた様子はインパクト満載。シャキシャキとみずみずしい食感は、とんかつの脂でヌメっとした口内を気持ちよくリフレッシュさせてくれます。

その舌触りのよさから、気付けばペロッと半球分食べてしまっている、なんてことも・・・・・・!

食物繊維の摂取も簡単にできる、まさに体内リセットに最適な食べものです。

 

 

ただ、僕のような素人がとんかつ屋さんのような千切りをしようとしても、出来上がるのは重くゴリゴリとした”百切り”キャベツ・・・・・・。

そう、シャキシャキ食感を生み出す千切りってものすごく難しいんですよね。

MOKO'sキッチンのオープニングのようなクオリティを実現するには、そこそこの鍛錬を必要とします。

 

それでも、お家でシャキシャキとしたキャベツが食べたい

そんな僕は、ついに魔界の調理器具に手を出してしまいました。

それが『緑玉の裁断者(キャベツスライサー)』!

今回は、その魔具たる実力を余すところなくお伝えしていきたいと思います!

キャベツスライサーとは

キャベツスライサーとは、その名の通りキャベツをスライスすることに特化した調理器具です。

これを使うことで、シャキシャキふわっふわの千切りキャベツを作ることが出来るんです。

『キャベツを丸ごとスライス!とんかつ屋さんキャベツスライサー』

そして、今回僕が購入したキャベツスライサーがコチラ!

キャベツスライサー

その名も、『キャベツを丸ごとスライス!とんかつ屋さんキャベツスライサー』君です!ひゅーひゅー!(商品名長ぇ・・・・・・。

見てもらうと分かるかと思いますが、サイズが異様にでかい

一緒に買ったプリングルズ(サワークリームオニオンこそ至高)二つ分くらいの大きさです。

正直なところ、「大きすぎて使い辛いのでは?」という疑念が少し湧きます・・・・・・。

 

 

まぁ、大事なのは使用感!ということで、さっそく空けてみましょう。

スライサーの見た目

ふむふむ、本体部分はカットのための刃がついた台座部分と、キャベツを固定するストッパーの2つで構成されているようですね。

台座部分の中央には、キャベツを切り刻むためだけに用意された刃が、鋭く怪しい光を放っています。

ちなみに、ストッパーの裏側はこんな感じ。

トゲトゲストッパー

恐ろしいトゲトゲが多数存在

試しに手のひら押し付けてみたけどかなり痛いよこれ!余裕で凶器になるレベル。

キャベツを決して許すまいという強い執念を感じますね・・・・・・。

自分がキャベツじゃなくて良かったと心から安堵した瞬間です。

 

ストッパーのトゲトゲに「使い方誤ったら痛い目にあうぞ」と言われたような気がしたので、早急に付属の取り扱い説明書に目を通すことに。

それがこちら。

スライサーの説明書

説明書 裏

めっちゃ危なそう。

本体に注意書きやシールが貼ってありましたけど、この説明書にもあちこちで「危険!」「注意!」という文字が強調されています。なんという✖マークの多さよ。

もしかしなくても、僕はとんでもない代物を手に入れてしまったのかもしれない。

一歩間違えれば指の1,2本は軽く飛ぶでしょう。

さすがは「魔具」。使用者にはそれ相応の対価を支払わせる、ということでしょうか。

スポンサーリンク

 

 キャベツスライサーの使い方

しかし、おののいてばかりでは何も始まりません!

このキャベツスライサーが深淵なる闇の力を孕んだ魔具とて、僕はそれを手懐け、おしい千切りキャベツを手に入れなければならないのです!

 

ということで用意したのがこちら。

キャベツ!

どーん!と一玉、新鮮キャベツです!

いやぁ、やるならとことんやった方が良いですからね。このスライサーの最初の犠牲者はお前やで。

スライス前の準備

こいつをスライサーにかける前に、まずは下ごしらえ。

まずは外側の汚れた部分をはぎとって、中の秘められしグリーンジュエルを露にします。

剥いたキャベツ

それが出来たら、包丁で縦に真っ二つ!加えて芯の固い部分も軽く取り除いておきますよ。

半分にカット

これでスライサーにかける前の準備は完了です。

レッツスライス!

では、いよいよ本番。

『キャベツを丸ごとスライス!とんかつ屋さんキャベツスライサー』君をボウルの上に固定し、その上にカットしたキャベツの半分を乗せます。

スライス!

そうしたら、まずは手でキャベツをもって、そのまま手前から奥にキャベツをスゆっくりライドします。

さぁ、キャベツスライサーよ!お前の真の魔力を見せてもらおうか!いくぞぉおおおおおおおおおおお!(スッ・・・・・・

スライス

「シャッ」

ん?ほとんど何も手ごたえを感じないぞ?あれ?ホントにスライスできてるの?これ。

ちょっとコツがいるのかな、なんて思いつつ数回キャベツをスライド。

しかし、依然としてキャベツを持つ手に抵抗が感じられません。

 

おかしいなぁ、と思いつつスライサーを一度どけてみると・・・・・・。

スライスしたキャベツ!

え、できてる!?

すごい、こんなに細く、ちゃんと千切りになってる。

芯の部分なんてとても薄く、向こうが透けて見えるほどです。

手ごたえなんてほとんどなかったのに、こんなにもちゃんとスライスできていたんですね。

というか、それだけ刃が鋭かったということか・・・・・・。恐るべしキャベツスライサー。

周囲に飛び散るといったこともなく、順調かつ安定して調理を進行できました。

キャベツが小さくなったら

当たり前ですが、キャベツはスライスしているうちに小さくなってきます。

そのまま手でスライスをし続けるのはやりにくいですし、何より危険。誤って指をハに沿わせてしまったら・・・・・・ㇶェッ。

 

小さくなったキャベツには、先ほど紹介したトゲトゲストッパーを使います。

これまで手で押さえていた曲面側に包丁を入れて平らにしたら……

小さくなったら

ストッパーのトゲトゲ部分を断面に押し当てて、引き続きスライス!

ストッパーで抑える

うーん、全然ぐらつかない。すごく安定してスライスできますね。

幾千ものトゲを携えているだけはあります。

 

スライサーで切れなかった部分は、包丁で千切りにしていきます。

あぁ、やはりゴリゴリキャベツに……。

 

スライスし終わったキャベツは、冷水に晒しておきます。

水にさらす

キャベツがシャッキリと冷えたら、水気をしっかり切って、お皿に盛り付けていきますよ~!

山盛りキャベツ!

じゃーん!『とんかつ屋さんの山盛りキャベツ』の完成です!

見てくださいよこれ!ふわっふわですよ、ふわっふわ

いやぁ、千切りがちゃんとできているキャベツって、こんなにも天高く積み上げることが出来るんですね。

(※写真の黒い粒粒は黒コショウです)

いざ実食!

さてさて、早速食べていきましょ!

その前に、おいしいキャベツには、おいしいドレッシング!ということで、用意したのがこれ!

ドレッシング

キューピーの『コクのたまごドレッシング』です!

……ってごめんなさい、分からないですよね。初めて使った時にビニールを破いてしまいました。

 

まぁまぁ外装はいいとして、これが美味しいんですよ。濃いたまごの味がとても僕好み。

このドレッシングをかけて早速ふわふわキャベツを頂きます。パクッ。

 

すげぇシャッキシャキ!

 

そう、これ、これですよ、「とんかつ屋さんのキャベツ」はこうでなくちゃ!

たっぷりと頬張っても思いのほか軽く、そしてみずみずしく口の中ではじける食感・・・・・・堪りませんね!

ふわふわと冷たい塊をほおばる感覚は、まるで新雪を食べているようです。

キャベツって、雪に変われるんですね・・・・・・。しかも、美味しい雪。

 

全体の軽さから、10分も経たずに盛られていたキャベツ半玉分を完食

美味しかった!

最後に

キャベツスライサーは、キャベツを緑色の雪に変える魔具でした。

 

なによりも驚いたのは、その鋭く繊細な切れ味ですね。

力をほとんどかけることなく、するするとキャベツを千切りスライスできてしまう光景には楽しささえ覚えました。

最初は、大きすぎて使いにくいかなーなんて思っていた気持ちもどこへやら。

圧倒的高パフォーマンスに、僕、大満足です。

使用後のお手入れも簡単で、今後はキッチンの働き者として活躍してくれること間違いなしでしょう。

 

いやぁ、これから我が家ではキャベツの消費量が格段に増えるでしょうね。

辛い便秘やお腹の張りに悩まされることもなくなるだろうと思うと、本当に買ってよかったキャベツスライサー!

 

みなさんも、お家でとんかつ屋さんのキャベツが食べたくなったら、キャベツスライサーを1台購入してみてはいかがでしょうか。

1台1500円もしないしね。一緒に緑色の雪食おうぜ!

ただ、その際はくれぐれも使い方に注意です!

一度注意を怠れば、スライサーの魔力に囚われ。体の一部を持っていかれてしまいますから……。

 

そんなこんなで、今回はこの辺で。

あ、おすすめのドレッシングとかあったら教えていただけると嬉しいです!

それでは、またまた~。